サイトメニュー

完璧主義を捨てる決意

男性

常に変化する社会の仕組み

うつ病を患っていた人の多くは、何かしらのストレスを抱えていた過去もあるはずです。 人間は、ストレスを感じると、ストレスに対応するためだけに考えが集まってしまいます。 自身の考えにおける視野は、小さくなり、 一つの考えに執着しやすくなっていたはずです。世の中は常に変化しています。一つに対する考えは、必ずと言って変化する世の中に最高の内容とも言い切れません。 うつ病を再発させないためには、心を広く持ち合わせ、多様性のある考えを柔軟に養う心構えも大切です。完璧主義と言われている人ほど、うつ病にかかりやすく、再発する可能性が非常に高いと言われています。完璧主義は、目標を一つの枠にとらわれやすく、枠から外れると心が不安定になりやすいためです。再発しないためには、お笑いなどに興味を抱かれるのも最適です。お笑い芸人は、答えは一つでは無く、意外性のある内容を心がけているでしょう。 お笑い芸人の心に触発されれば、柔軟な心を養いやすくなり、柔軟性が変化する社会に適応しやすくなるはずです。 うつ病を患っていた過去とは、周りの環境に対して否定的な言葉や気持ちもあったのではないでしょうか。周りの環境とは、自身が刺激を受けるもものであり、自身で周りの環境を自分なりに悪く作り出していた場合もあるはずです。 完璧主義の人の中には、周りに否定的な言葉を投げかけ、相対的に自分の価値を完璧な姿として作り出していた可能性もあるでしょう。 うつ病を再発させないためには、出来るだけプラス思考を持ち合わせ、周りの環境を肯定的な言葉で固めていくのも大切です。 良い環境が現れれば、自身にとって不愉快な刺激は、闇の中に消え去るでしょう。うつ病を患っていた人は、再び社会に足を運ばなければなりません。うつ病を患っていた時の環境は、それほど大きく変化を起こしていない場合もあるはずです。本人にとっては、戦場から帰還をし、安全な癒やしのオアシスで心身を回復させた中、再び戦場に送り返される様な状態を感じている場合もあるのです。その中には、再びうつ病にかかる不安を抱かれている場合もあるでしょう。大きな社会は、小さな個人の力では変える事はできません。ただし、小さな家族の中では、家族が意識をすれば環境を変えられる場合もあるはずです。うつ病を患っていた人には、家族や友達のサポートが必要なのです。うつ病は、心身の防衛反応が働きやすい中、自身の内面に意識が集まりやすい特徴があります。そのため、孤独を感じやすく、自身の存在意義や価値を見失ってしまう場合もあるのです。サポートとしてのポイントは、一緒に旅行に行ったり、娯楽を楽しんだりするのも最適です。存在意義を高めるためには、共同作業で一つの事にチャレンジしてみるのも良いでしょう。例えば、一緒に料理をしたりする方法などです。共同作業には、相手がいないと達成できない気持ちが芽生えやすく、自身の存在意義を高める効果も隠されています。自然の法則は、お互い支え合って成り立っているでしょう。そのお互いは、相手同士の存在を必要としているはずです。心の病も同じく、お互い必要と認め合う中で、健全な心を取り戻す事ができます。特に、完璧主義の人は、完璧を求める中で社会から不必要だと思われる姿に、強く不安を抱きやすい傾向があります。世の中は、自分が考えている以上に広く、支えて欲しい人がいる存在に気付かせてあげるのもポイントです。

Copyright© 2018 心の風邪と言われているうつ病とは【誰もが罹る可能性があり】 All Rights Reserved.